Firefox の安定高速化 2017

以前に書いた「Firefox の安定高速化 2013」から約4年が経過し現状に合わなくなってきたところもあるので2017年版を書きました。

なお本文は Firefox 51 時点の内容となりますのであしからず。

◆設定の変更方法

Firefox のロケーションバー(アドレスバー)に「about:config」を入力し、詳細設定を開きます、検索フィルタに編集したい項目を入力すると必要項目だけ表示されるので活用しましょう。
変更したい項目を右クリックして「値の変更」で数値を変更できます。
元に戻したい場合は元に戻したい項目を右クリックして「リセット」で数値を初期値に戻せます。

初期値 : Firefox 51 の初期値。問題ないならこのままで
推奨値 : 今現在の一般的な値。
参考値 : 私個人が使用している値。参考程度にどうぞ。

 

network.http.max-connections

Firefox が行えるHTTP通信の最大接続総数
初期値は 900 で 1 から 65535 までの数値を設定できます。
ネットワーク環境が弱い場合などに値を下げることで安定性が増す場合もありますが、特に問題がなければ初期値のままで大丈夫です。

初期値 : 900
推奨値 : 24 ~ 900 (環境によって異なる)
参考値 : 900

 

network.http.max-connections-per-server

1つのサーバーに対する最大接続数
Firefox 17 以降はソースコードから削除され何の効果もありません。
現在でも都市伝説的に「設定したら早くなった!」等の報告が後を絶ちませんが、プラシーボ効果(思い込み、勘違い)です。

初期値 : なし
推奨値 : なし
参考値 : なし

 

network.http.max-persistent-connections-per-proxy

1つのプロクシサーバーに対する持続の最大数
プロクシサーバーを使わないのであれば初期値で問題ありませんが、使うのであれば低めの数値に設定したほうが速度は落ちますが安定しやすくなります。

初期値 : 32
推奨値 : 4 ~ 32 (環境によって異なる)
参考値 : 12

 

network.http.max-persistent-connections-per-server

1つのサーバーに対する永続的な最大接続数
接続数を増やしても通信エラーが増えて画像が歯抜けになったりCPUや通信の負荷が高くなったりと良いことは無いです。
数値を増やすことでごく一部のサイトの表示は速くなりますが、接続先のサーバーや他のネットユーザーに迷惑をかけるので、この数値は初期値か推奨値の範囲内にしておいたほうがいいでしょう。

初期値 : 6
推奨値 : 4 ~ 10
参考値 : 6

参考までに他のブラウザの接続数
201702141902

 

network.dns.disableIPv6

IPv6 の無効化
初期状態では IPv6 を使用するようになっていますが、設定を true に変更することで IPv6 の使用を無効化(停止)できます。
IPv6 に対応していないネット環境や低スペックPCでは IPv6 を停止させたほうが動作が軽くなることがあります。
また、一部のプロバイダでは IPv6 を使用することで回線速度が速くなるサービスを行っている所もあるそうです、一度プロバイダのサービスを確認してみることをお勧めします。

初期値 : false
参考値 : false

 

◆備考・感想

前回の記事から約4年が経過し、Firefox も様々な変更が加わり昔のように設定をいじってあーだこーだやる必要はほとんどありません。
余程劣悪なネット環境や低スペックPCでもない限りは、初期設定のまま使ったほうが早いですし安定しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Firefox から Flash Player の保護モードを無効にする方法

Firefox 35 以降で Flashg Player の保護モードを Firefox 側から制御できるようになったようです。

  1. about:configを開く。
  2. 検索欄に「dom.ipc.plugins.flash.disable-protected-mode」と入力する。
  3. 「dom.ipc.plugins.flash.disable-protected-mode」を「true」に変更する(初期値:false)。

以上で Firefox での Flash Player の保護モードを無効化することができます。

Firefox で Flashg Player が重くなったりクラッシュしたりすることがありますが、Flash Player の保護モードが原因だったりすることが多いです。
単純な方法として保護モードを無効にすればよいのですが、mss.cfg (Flash Player の設定ファイル)を編集して保護モードを無効にすると Flash Player を使用するすべてのアプリケーションまで保護モードが無効になってしまいあまり安全ではないです。
今回のこの方法を使えば Firefox でのみ Flash Player の保護モードを無効にできるので安全性をある程度確保できますし、「アドオンマネージャ」の「プラグイン」から「Shockwave Flash」を「実行時に確認する」に変更して信頼できるサイトでのみ Flash Player を実行するように気をつければ安全性も確保できます。

■参考

Mozilla Re-Mix: FirefoxでFlash Playerの保護モードを無効化する方法。(Firefox 35以降)
http://mozilla-remix.seesaa.net/article/411200560.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【Firefox】「Evernote Web Clipper」がうまく動かないときの対処法

Firefox のアドオン「Evernote Web Clipper」でログインできなかったり、Webをうまく取り込めないことがありました。
どうやら原因は仕様変更やアップデート時に出た残骸(不要なデータ)のようなので、不要なものを削除することで正常に動くようになります。

■対処法

※注意:プロファイルフォルダの編集は Firefox が起動しなくなる危険性がありますので自己責任でおねがいします。

  1. まず「Evernote Web Clipper」を Firefox のアドオンマネージャで削除し、Firefox を終了させます。
  2. プロファイルフォルダの中にある「○○.default」を開きます。
    (XPの場合、基本的には「C:\Documents and Settings\<ユーザーアカウント名>\Application Data\Mozilla\Firefox\Profiles\」がプロファイルフォルダです。)
  3. ファルダ「evernoteclips」とファイル「evernote_webclipper.sqlite」を削除します。
  4. Firefox を起動して「Evernote Web Clipper」を再インストールします。

以上です。

XP以外のプロファイルフォルダの場所はこちらでご確認ください。

□関連情報

プロファイル | Firefox ヘルプ
https://support.mozilla.org/ja/kb/profiles-where-firefox-stores-user-data

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【Firefox】ニコニコ動画の『niconico の新バージョン Q 公開!』を消す【Stylish】

ニコニコ動画の再生ページの上部に表示される『niconico の新バージョン Q 公開!』が目障りなので消してみました。

Firefox と Stylish での使用となりますが、Chrome と Stylish でも使えるはずです。

20130224

■CSSソース

@namespace url(http://www.w3.org/1999/xhtml);

@-moz-document domain("www.nicovideo.jp") {
    div#zero_lead_index {display:none !important;}
}

□関連記事

【Firefox】ニコニコ動画の「Nsen」を消す その2【Stylish】
http://tenmou2nd.cocolog-nifty.com/blog/2012/10/firefoxnsen-sty.html

【Firefox】ニコニコ動画の「Nsen」を消す【Stylish】
http://tenmou2nd.cocolog-nifty.com/blog/2012/06/firefoxnsenstyl.html

【Firefox】ニコニコ動画の「世界の新着動画」を消す【Stylish】
http://tenmou2nd.cocolog-nifty.com/blog/2012/06/firefoxstylish-.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Firefox の安定高速化 2013

約3年前に書きました『Firefoxの安定高速化』ですが、現状に合わなくなってきたところもあるので2013年版を書きたいと思います。

●接続数を減らして安定化

Firefoxのロケーションバーに「about:config」を入力、詳細設定を開き検索フィルタに「network.http.max」と入力すると迷いません。

初期値 : Firefox 18 の初期値
推奨値 : 一般的な HTTP 1.1 の値
使用値 : 私個人が使用している値

 

network.http.max-connections

HTTP通信の最大接続数

OSやネットワーク環境によって最適値は異なるが初期値の 256 は多すぎます。増やせばいいものでもないので色々試してみて環境に適した(安定した)数値を設定しましょう。一般家庭で使うならどんなに多くて 96 もあれば十二分です。

初期値 : 256
推奨値 : 24 ~ 256 (環境によって異なる)
使用値 : 32

 

network.http.max-connections-per-server

1つのサーバーに対する接続の最大数

最近の Firefox では削除されたのか Firefox 18.0.1 では存在が確認できませんでした。色々試してみたのですが効果があるのかどうもわかりませんでした。

初期値 : なし
推奨値 : 8
使用値 : なし

 

network.http.max-persistent-connections-per-proxy

1つのプロクシサーバーに対する持続の最大数

プロクシサーバーを使わないなら初期値でもOKですが、使うのであれば推奨値にしたほうが安定します。

初期値 : 32
推奨値 : 4
使用値 : 4

 

network.http.max-persistent-connections-per-server

1つのサーバーに対する永続的な接続の最大数

接続数を増やしても通信エラーが増えるので画像などが歯抜けになったりCPU使用率が高くなったりとあまり良いことは無いです。この数値を増やすことでごく一部のサイトの表示は速くなりますが、接続先のサーバーに多大な負担をかけるので他のネットユーザーのためにもこの数値は初期値か推奨値にしておいたほうがようでしょう。

初期値 : 6
推奨値 : 2
使用値 : 2


●IPv6を無効にして安定高速化

network.dns.disableIPv6

IPv6を使用の有無

初期値の false で IPv6 を使用、true で IPv6 の使用を停止。IPv6 に対応していない環境や低スペックPCでは IPv6 を停止させたほうが動作が軽くなります。

初期値 : false
使用値 : true

 

●備考・感想

相変わらず Firefox の接続数は多すぎます。これではネットワークやPCに無駄な負担をかけるだけのような気がしますがどうなのでしょうね。

前回の記事から約3年が経過し、私の契約しているプロバイダも表向き IPv6 に対応しましたがまだまだ IPv4 が主流、今現在はまだ安定性も速度も IPv4 に分があります。将来的には IPv6 が主流になるでしょうが2012年8月の段階で普及率は、米国で 1.35%、日本で 1.76% だそうで、完全移行には 5 ~ 10年は掛かりそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【Firefox】タブの切替が重い理由

最近の Firefox はタブの切替が重い(遅い?)

試行錯誤で色々試してどうやら原因はメモリ解放だとわかった。

近年の Firefox は消費メモリを減らすため、こまめにメモリを開放する仕様になった。
もちろんそれは喜ばしいことなのだが、それが原因でタブを切り替えるたびにキャッシュやインターネットから再度読み込みを行うのでそのたびにプチフリーズしたようになり、それが重い(遅い)と感じる原因らしい。

対処法としてはメモリ解放を無効にするか、メモリ解放までの時間を長く設定するの2つある。
使っている環境に合わせて使い分けるといいと思います。

※注意!
設定の変更は自己責任で

●メモリ解放を無効にする

image.mem.discardable
初期値:true
説明:画像などのデータをメモリから開放するかどうかの設定
初期値の true で開放、false で開放を無効にできる。
無効にするとタブの切替はスムーズになるが、メモリ消費量がその分大きく増えるので注意が必要。

●メモリ解放までの時間を長くする

image.mem.min_discard_timeout_ms
初期値:10000
説明:メモリ解放までの時間をms(ミリ秒)で設定
Firefox 17 以降の初期値は 10000、10秒でメモリを開放します。
Firefox 5 ~ 6 の頃は 120000 (2分)に設定されていました。

※2014/12/16
この記事の内容を修正

| | コメント (1) | トラックバック (0)

【Firefox】犯人はアドオン【ニコニコ動画】

Firefoxからニコニコ動画にコメントができなくなり困っていたのですが、アドオンの『Pearl Crescent Page Saver Basic』を無効にしたら書き込めるようになりました。

Pearl Crescent Page Saver は、Web ページのスクリーンショットを撮影できる非常に便利なアドオンなのですが、一部のサイトと相性が悪いようです。

□URL

Pearl Crescent Page Saver Basic :: Add-ons for Firefox
https://addons.mozilla.org/ja/firefox/addon/pagesaver/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【Firefox】ニコニコ動画の「Nsen」を消す その2【Stylish】

ニコニコ動画の仕様変更でCPUリソースをバカ食いする「Nsen」がトップページなどに増えました。

20121020001

個人的にハッキリ言って邪魔なのでCSSで消しました。
ソースを記載しておくのでご自由に。

@namespace url(http://www.w3.org/1999/xhtml);

@-moz-document domain("www.nicovideo.jp") {
    div#nsen_lead_player {display:none !important;}
}

下記は以前書いたものと合わせたものです。
こちらもご自由にどうぞ。

@namespace url(http://www.w3.org/1999/xhtml);

@-moz-document domain("www.nicovideo.jp") {
    /*↓Nsenを消す↓*/
    div#nsen_lead {display:none !important;}
    div#nsen_lead_player {display:none !important;}
    /*↑Nsenを消す↑*/

    /*↓世界の新着動画を消す↓*/
    div#dj_lead {display:none !important;}
    /*↑世界の新着動画を消す↑*/
}

□関連記事

【Firefox】ニコニコ動画の「Nsen」を消す【Stylish】
http://tenmou2nd.cocolog-nifty.com/blog/2012/06/firefoxnsenstyl.html

【Firefox】ニコニコ動画の「世界の新着動画」を消す【Stylish】
http://tenmou2nd.cocolog-nifty.com/blog/2012/06/firefoxstylish-.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【Firefox】Googleリーダーの読み込みを高速化【Greasemonkey】

私は公私共にGoogleリーダーを活用しているのですが、記事を読み込むのに時間がかかるのが難点。
そこでおすすめするのが「Google Reader Prefetch More」です。
Google Reader Prefetch MoreはFirefoxなどのGreasemonkeyで動作するスクリプトで、Googleリーダーの一度に読み込む記事を増やし表示速度を大幅に向上させます。
登録フィードが少ない人には効果が薄いですが、登録フィードが数百、数千件と大量だと効果絶大です。
ただPCや回線が遅いと逆効果になる恐れもあります。

□Google Reader Prefetch More for Greasemonkey
http://userscripts.org/scripts/show/26383

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Firefoxでニコニコ動画にコメントが打てない時の対処法

ここ最近、Firefoxでニコニコ動画にコメントが打てない状態が続いていたのですが、解決できたので方法を書いておきます。
ただし、デメリットもありますので下記を熟読した上で自己責任でおねがいします。

■デメリット

  • Flash Playerの保護モードを無効にするのでセキュリティーが低下します。
  • FirefoxのOOPP(プラグインのスレッド分離)を無効にするので環境によってはFirefoxのパフォーマンスが低下します。

■私の環境

  • Windows XP SP3 32bit
  • Firefox 15.0
  • Flash Player 10.3.183.23
  • Google 日本語入力 1.5.1109.0

※すべて自己責任でおねがいします。

まずFlash Playerの「保護モード」を無効にします。
mms.cfgが有るかどうか確認してください。

32bit版 : C:\Windows\System32\Macromed\Flash\mms.cfg

64bit版 : C:\Windows\SysWOW64\Macromed\Flash\mms.cfg        

○有る場合

  1. メモ帳などのテキストエディターを起動します。       
  2. mms.cfgを開きます。        
  3. 以下の文字列を入力します。

    ProtectedMode=0
  4. ファイルを上書き保存します。

○無い場合

  1. メモ帳などのテキストエディターを起動します。        
  2. 以下の文字列を入力します。

    ProtectedMode=0
  3. ファイル名「mms.cfg」、文字コード「UTF-8」(BOM付き)で保存します。

次にFirefoxを起動してアドレスに「about:config」と入力して設定ページを開き、「dom.ipc.plugins.enabled.npswf32.dll」がtrue」(有効)になっていた場合「false」(無効)に変えてFirefoxを再起動します。

ニコニコ動画で適当な動画を再生してコメントが正常に打てたら終了です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)