« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »

ニコニコ生放送が見れない時の対処法

ニコニコ生放送を視聴しようとしたら「混雑しているか、サーバ(ポート ○○)と通信できない可能性があります。」と表示されて試聴できませんでした。
色々と試してみたのですが、Windows 7 の 64bit 環境だと Flash Player を動かすのに FlashPlayerPlugin_*.exe (*はバージョン数)というプログラムを介して動作しているのだが、このプログラムがファイアウォールにブロックされるのが原因らしい。

ファイアウォールの例外プログラムに「C:\Windows\SysWOW64\Macromed\Flash」にある「FlashPlayerPlugin_*.exe」を設定することでニコ生が見れるようになりました。
Flash Player 11.8.800.168 を例にすると「C:\Windows\SysWOW64\Macromed\Flash\FlashPlayerPlugin_11_8_800_168.exe」をファイアーウォールの例外プログラムに設定します。
例外プログラムの登録方法はご使用中のファイアーウォールのヘルプなどをご覧ください。

それにしても何でアドビは EXE の名前にバージョン名なんかつけてんだろ、これじゃバージョン上がるたびにファイアウォールを設定し直さないといけないじゃないか。┐(´д`)┌ヤレヤレ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Windows Media Player 12 で AVI が再生できない時の対処法

Windows 7 の Windows Media Player 12 でスプリッターやコーデックをインストールしても再生できない AVI 形式の動画が見つかったのでその対処法と解説です。

□対処法

  1. Win7DSFilterTweaker をここからダウンロードします。
    URL: http://codecguide.com/windows7_preferred_filter_tweaker.htm
  2. Win7DSFilterTweaker を起動して「Media Foundation」ボタンを押します。
    20130916212600
  3. Media Foundation でデコードさせたくない形式を選びます。
    私の環境は 64bit なので 32bit と 64bit の2つの「AVI」にチェックを入れます。
    32bit 環境の場合は 32bit の「AVI」にチェックを入れます。
    201309161703
  4. 設定が済んだら「Apply & Close」ボタンをクリックして終了です。

□解説
XP までは動画の再生に DirectShow という API を用いていたのですが、Vista からは Media Foundation という新しい API が導入されました。
Vista での Media Foundation の使用は限定的で一部のサードパーティ製のプレイヤーやゲームのみでしたが、7 からは標準で Media Foundation が使用されるようになりました。

動画の形式にはそれぞれ規格がありその規格を順守する形でエンコードされます。
DirectShow では規格の必須項目さえ守っていれば大体は再生可能な動画ができたのですが、Media Foundation は規格のチェックが厳しくなり、フリーエンコーダーなどで変換した動画は、Media Foundation だと再生できないことがあるようです。
(当方では、ffmpegでエンコードしたAVIは全滅でした。)

今回使用した Win7DSFilterTweaker は、Windows 7 及び 8 の標準デコーダーの設定を変更するフリーソフトで、標準デコーダーと ffdshow などのデコーダーの切り替えなどが行えます。
頻繁に使うソフトではありませんがなかなか便利です。

□Win7DSFilterTweaker
http://codecguide.com/windows7_preferred_filter_tweaker.htm

※2013/09/17  一部わかりづらかったところを改変

| | コメント (1) | トラックバック (0)

Windows 7 Ultimate 64bit版をインストールしての感想

9月のはじめに Windows 7 Ultimate 64bit 版をインストールしました。
それから約2週間ほど使ってみた感想ですが、かなりいいOSですね。
XPもいいOSでしたが、7を使った後だともう戻れません。

201309161718

□7の感想

●起動
XPに比べて起動は遅くなりましたが、ログイン後すぐに操作ができるようになったのでストレスは感じませんし(XPだと常駐ソフトがある程度立ち上がるまではカクカクだった)、スリープ機能が優秀なのでわざわざシャットダウンする必要も殆どありません。

●安定性
ちょっとやそっとのことではフリーズしたり落ちたりしなくなりました。
安定性はXP以上です。

●アプリケーション
アプリケーションの起動はXPより早いです。
HDDの読み込み効率やメモリ管理の性能が向上したおかげでしょう。
個人的にはHDDのガリガリ音が減ったのが嬉しいですね。

●総評
マシンの性能が許すならXPより7がおすすめ。
マルチコアCPU、高速メモリ、支援機能付きビデオカード、大容量HDDなどXPだと今一つ出しきれなかった性能がフルで出せるのは素晴らしい。

問題がないわけではないが、今のところWindows 7の完成度の高さに感心しているところです。

話はそれますが7にしたらFirefoxが驚くほど機敏になりました。
もうXPだとアプリケーションを生かせないのかもしれんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »