« 中古PCで再生支援機能を使ってみた | トップページ | Firefoxでニコニコ動画にコメントが打てない時の対処法 »

キーボードの掃除

普段使っているキーボード、SCYTHEの「ピュアキーボードミニ2」の汚れが気になったので掃除してみました。

2012090201

2009年頃に購入。
すでに生産終了した古いモデルですが、場所を取らない大きさやマルチメディアキーなどかなりお気に入りです。

2012090202

キーボードの汚れは殆どが手垢などのタンパク質汚れなので、掃除には「セスキ炭酸ソーダ」(アルカリ系洗浄剤)を使います。
ちなみに写真のセスキ炭酸ソーダはダイソーで¥105(税込)でした。

まずは洗浄に使う溶剤を作ります。
配分は水 100ml(ミリリットル)に対してセスキ炭酸ソーダ 1g(グラム)です。
今回は少し多めに水 300mlにセスキ炭酸ソーダ 3gの配分で溶剤を作りました。

2012090203

次にマイナスドライバー等を使ってキーを外します。
この時、キーを外す前にデジカメなどで写真を撮っておきましょう。
こうしておくことで組み立て時にキー配置がわからなくなったりパーツの紛失などを防げます。

キーを外したらそのキーを無くさないように気をつけながら洗面器などに入れ、先ほど作った溶剤に30分ぐらい浸しておきます。
キーを漬け置きしている間にキーを外した本体はハケや掃除機、エアダスターなどで隙間に入ったゴミやホコリを取り除き、溶剤を染み込ませた布巾で拭いておきましょう。

溶剤に浸しておいたキーの汚れが落ちたのを確認できたら水で濯ぎ、タオルなどでよく水気を切り風通しの良い日陰で乾かしましょう。

乾いたのを確認したら先ほど撮影した写真を元に本体にキーを戻して終了です。

2012090204

見違えるほど綺麗。新品同様の白さが戻って来ました。ヽ(^o^)ノ

セスキ炭酸ソーダは人体や環境への影響が小さいので使い勝手はかなりいいです。
上記した配分の溶剤をスプレーボトルに入れておけば、ちょっとした掃除に便利です。
お試しあれ。

|

« 中古PCで再生支援機能を使ってみた | トップページ | Firefoxでニコニコ動画にコメントが打てない時の対処法 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/211616/46927777

この記事へのトラックバック一覧です: キーボードの掃除:

« 中古PCで再生支援機能を使ってみた | トップページ | Firefoxでニコニコ動画にコメントが打てない時の対処法 »