« 2012年3月 | トップページ | 2012年6月 »

色々な音楽形式を試してみた。

携帯音楽プレイヤー用にお気に入りの楽曲をエンコードするついでに、色々な音楽形式を試してみました。

  • MP3(MPEG Audio Layer-3)
    最もメジャーな音楽形式。
    対応ソフトが豊富で管理のしやすいなど汎用性の高さが最大の利点。
    音質に関しては特筆すべき特徴はなく、どんな楽曲にも過不足なく対応でき、余程のこだわりがなければ128kb程から楽しめる音質になります。
    お勧めエンコーダ: LAME Ver.3.98.4
  • AAC(Advanced Audio Coding)
    MP3に継いでメジャーな形式で着うたやiPodなどで使われており、拡張子は異なりますがMP4(M4A)や3GPPなど中身の技術は同じです。
    MP3の後継として作られており、汎用性、音質とも完成度が高く扱いやすいのが特徴です。
    難点としてはフリーのエンコーダが少なく対応ソフトに癖の強いものが多い点でしょう。
    音質に関しては人の耳に聞こえやすい音を強調し、聞こえにくい音を減らすことで高音質と高圧縮を両立している点で、そのせいか微かな音が消えてしまうことがあるが、よほど神経質な人でもなければ気にならないはず。
    また、AAC 96kbでMP3 128kbと同等の音質と言われており低ビットレートではAACの方が音質が良いことが多く、容量やビットレートに制限のある携帯音楽プレーヤーなどと相性がよいです。
    お勧めエンコーダ: Nero AAC Encoder
  • WMA(Windows Media Audio)
    Microsoftが開発した形式でWindows系OSの標準形式として使われている。
    開発経緯はやや不純(?)でMP3のライセンス料を削減するのが主な目的でした。
    権利の関係でフリーのエンコーダがほとんど存在せず、完全対応しているハードやソフトも少ないのが実情です。
    音質は低音を重視し、低ビットレートでも音声が聞き取りやすいのが特徴。
    AAC同様にWMA 96kbでMP3 128kbと同等の音質と言われており低ビットレートで力を発揮するが、AACに比べ圧縮率が低く、MP3と同程度のファイルサイズになってしまいます。
    また、高音域がスカスカしたり低音域がこもった感じになったりと楽曲ごとに音の善し悪しがかなり別れてしまうことがあります。
    エンコーダがバージョンごとに音の特徴が変わる謎の仕様で、WMA 9.1は低音重視なのに対し、WMA 9.2はやや中高音も意識した仕様になっています。
    お勧めエンコーダ: Windows Media エンコーダ(2パスエンコードを使用)
  • それぞれが得意とするビットレート
    MP3    128 kb ~ 320 kb
    AAC    64 kb ~ 160 kb
    WMA    64 kb ~ 160 kb

160kbを境に高ビットレートならMP3、低ビットレートならAAC、WMAに軍配が上がります。

色々書きまあしたが、最後は自分の耳に馴染むものや管理しやすいものが一番いいものです。
自分の環境やライフスタイルに合わせて理想の形式やビットレートを探してみてはいかがでしょうか?
私はながら作業で聞くことが多いので、そこまで音質を求めず管理のしやすさからもっぱらMP3を使用しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【XP】MTPデバイスが正常に動作しない時の対処法【WMP】

MTPデバイス(携帯電話、ポータブルオーディオプレーヤー)がPCで正常に認識されない場合、十中八九原因は「Windows Media Format 11 runtime」です。
Windows Media Player 11をインストールするといっしょにインストールされます。
またOSがVistaの場合は最初からインストールされています。

これから書く対処法はあくまでXP用です。
どのような不具合が起きても自己責任です。
ご注意ください。

一番簡単な方法はWindows Media Player 11とWindows Media Format 11 runtimeをアンインストールしてWindows Media Player 10に戻すことです。

それじゃあ面白く無いし、オーディオコーデック Windows Media Audio 9.2をどうしても使いたい方向け、Windows Media Format 11 runtimeをインストールしたままでMTPデバイスを使えるようにする方法を書いておきます。

  1. こちらから「Windows Media Player 11 (Windows XP 用)」 wmp11-windowsxp-x86-JA-JP.exe をダウンロードします。
  2. ダウンロードした wmp11-windowsxp-x86-JA-JP.exe をWinRARやコマンドなどで解凍します。
    wmp11-windowsxp-x86-JA-JP.exe /c でコマンド解凍できます。
  3. 解凍し展開したフォルダの中から wmfdist11.exe を取り出して実行します。
    すでにWindows Media Format 11 runtimeがインストールされている場合、この工程は不要です。
  4. 解凍し展開したフォルダの中から umdf.exe を取り出して実行します。
  5. 解凍し展開したフォルダの中から wmp11.exe を取り出して実行します。
    すでにWindows Media Player 11がインストールされてる。
    または、Windows Media Player 11が不必要な場合、この工程は不要です。

以上です。

あくまで「私の場合は」なので万人に使える手段かわかりませんが、
現在、Windows XP SP3 + Windows Media Player 10 + Windows Media Format 11 runtimeの組み合わせでほぼ問題なくMTPデバイスを使えています。

一部不具合としてコントロールパネルのポータブルメディアデバイスのアイコンが正常に表示されなくなっていますが、WINDOWS\System32のaudiodev.dllをWindows Media Format 11 runtimeに含まれている物(Ver 5.2.5705.5043)からWindows Media Player 10の物(Ver 5.2.3802.3802)に置き換えて再起動したら正常に表示されました。
どうやらaudiodev.dllに収められているアイコンがバージョンによって違うのが原因ぽい?

Vistaは手元にないし、Windows Media Player 10及び12にも対応してないからMTPデバイスが正常に認識されない場合諦めるしかないんかな?どうだろ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【PS3】Fallout 3【やってます】

先日、以前から興味のあったFallout 3のBEST版「Fallout 3: Game of the Year PS3 the Best」を買いました。

「Fallout 3: Game of the Year PS3 the Best」Fallout 3DLC(ダウンロードコンテンツ)をセットにした「Fallout 3: Game of the Year Edition」(発売: 2009/12/3)のBEST版です。
PS3版Fallout 3のすべてが含まれているので、これからはじめるにはお買い得ですね。

まだ攻略途中ですが、現在までの感想として良いところは自由度の高さ、戦いに明け暮れるもよし、逃げまわるもよし、善人にも悪人にもなれます。
そして広大なマップ。遥か彼方に見える山や建物にいけるのは面白いです。

続いて悪い点は、バグやフリーズの多さでしょうか。
でもググれば対処法や予防策も多く見つかるのでそこまで気にはならないです。

Fallout 3は自動インストールなので、プレイ中にインストールされます。
ただこれだとHDDにフラグメント(断片化)やコピーミスが発生してフリーズしやすくなるようです。
フリーズ予防法としてはPS3にインストールが終了してからプレイすること。
初回起動時にタイトル画面で操作せずに20~30分放置することで正常にインストールできるそうです。(インストールデータを削除すれば何度でもインストールできます。)
ちなみにインストールされるデータのサイズは、6804MBでした。

また、なにか気になる点があったら続きを書くかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【PSP】ガンダム アサルトサヴァイブ【やってみた】

お久しぶりです、とりあえず生きてますw

特に取り立てて書くこともないのですが、最近はPSPの「ガンダム アサルトサヴァイブ」を弟としてます。

「ガンダム アサルトサヴァイブ」の感想ですが、良いところは登場機体数の多さ、「ゾゴックやジュアッグとか誰得w」とか思う機体も登場するのは高評価。
(ジュアッグに弟は大喜び。ガンダムUC第4巻の勇姿を彷彿としますw)
またオリジナルパイロットを作成できるのも面白い。
ガンダム好きな歌手で俳優の及川光博氏が念願かなって声優に挑戦しており、オリジナルパイロットに声を当ててます。
(及川氏は以前からガンダム作品に関わりたいと発言していた。)
他にはゲーム中のBGMをメモリースティック内のMP3に置き換えるカスタムサウンドは個人的にはお気に入りな機能で、ガンダムのサントラをMP3にしてプレイ中に流すと各ガンダム作品の臨場感が2、3割増しになります。

悪いところは、キー配置によっては一部のキーが干渉してしまい僚機に指示が出せないことや
マルチプレイ戦闘中にメニューを操作するとキーが干渉して自機があらぬ方向に動いてしまうなどの微妙な操作性の悪さ。
一部の敵エースパイロットの強さが異常でエリアチェンジ直後に必殺技くらって即死や、逆にこちらが強すぎてヌルゲー状態になるなど各ステージごとのバランスが少々悪いこと。
他にはそこまで気になりませんがバグや誤植、誤表記、ポリゴンが荒いなど小さなマイナスポイントがあるくらいでしょうか。

全体としてガンダムゲームとしては自由度ややりこみ要素があり、それなりに楽しめる作品です。
次回作があるのなら、操作性やUIを改良していただければさらにいいゲームになるのではと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年3月 | トップページ | 2012年6月 »