Firefox の安定高速化 2017

以前に書いた「Firefox の安定高速化 2013」から約4年が経過し現状に合わなくなってきたところもあるので2017年版を書きました。

なお本文は Firefox 51 時点の内容となりますのであしからず。

◆設定の変更方法

Firefox のロケーションバー(アドレスバー)に「about:config」を入力し、詳細設定を開きます、検索フィルタに編集したい項目を入力すると必要項目だけ表示されるので活用しましょう。
変更したい項目を右クリックして「値の変更」で数値を変更できます。
元に戻したい場合は元に戻したい項目を右クリックして「リセット」で数値を初期値に戻せます。

初期値 : Firefox 51 の初期値。問題ないならこのままで
推奨値 : 今現在の一般的な値。
参考値 : 私個人が使用している値。参考程度にどうぞ。

 

network.http.max-connections

Firefox が行えるHTTP通信の最大接続総数
初期値は 900 で 1 から 65535 までの数値を設定できます。
ネットワーク環境が弱い場合などに値を下げることで安定性が増す場合もありますが、特に問題がなければ初期値のままで大丈夫です。

初期値 : 900
推奨値 : 24 ~ 900 (環境によって異なる)
参考値 : 900

 

network.http.max-connections-per-server

1つのサーバーに対する最大接続数
Firefox 17 以降はソースコードから削除され何の効果もありません。
現在でも都市伝説的に「設定したら早くなった!」等の報告が後を絶ちませんが、プラシーボ効果(思い込み、勘違い)です。

初期値 : なし
推奨値 : なし
参考値 : なし

 

network.http.max-persistent-connections-per-proxy

1つのプロクシサーバーに対する持続の最大数
プロクシサーバーを使わないのであれば初期値で問題ありませんが、使うのであれば低めの数値に設定したほうが速度は落ちますが安定しやすくなります。

初期値 : 32
推奨値 : 4 ~ 32 (環境によって異なる)
参考値 : 12

 

network.http.max-persistent-connections-per-server

1つのサーバーに対する永続的な最大接続数
接続数を増やしても通信エラーが増えて画像が歯抜けになったりCPUや通信の負荷が高くなったりと良いことは無いです。
数値を増やすことでごく一部のサイトの表示は速くなりますが、接続先のサーバーや他のネットユーザーに迷惑をかけるので、この数値は初期値か推奨値の範囲内にしておいたほうがいいでしょう。

初期値 : 6
推奨値 : 4 ~ 10
参考値 : 6

参考までに他のブラウザの接続数
201702141902

 

network.dns.disableIPv6

IPv6 の無効化
初期状態では IPv6 を使用するようになっていますが、設定を true に変更することで IPv6 の使用を無効化(停止)できます。
IPv6 に対応していないネット環境や低スペックPCでは IPv6 を停止させたほうが動作が軽くなることがあります。
また、一部のプロバイダでは IPv6 を使用することで回線速度が速くなるサービスを行っている所もあるそうです、一度プロバイダのサービスを確認してみることをお勧めします。

初期値 : false
参考値 : false

 

◆備考・感想

前回の記事から約4年が経過し、Firefox も様々な変更が加わり昔のように設定をいじってあーだこーだやる必要はほとんどありません。
余程劣悪なネット環境や低スペックPCでもない限りは、初期設定のまま使ったほうが早いですし安定しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Windows 10 の使用感

13日、Windows 10にメジャーアップデートが来ました。
バグや不具合もある程度は落ち着き、ドライバも出そろってきたのでWindows 7 UltimateからWindows 10 Proに無償アップグレードしました。

201511161501

取りあえずの使用感はなかなか良好で私のPC(Core2Duo世代)でもキビキビ動いてくれます。
それもそのはず、常駐しているアプリケーションは変わらないのにシステム全体のメモリ消費量が約500MBほど少なくなっており個々のアプリケーションを見てもメモリ消費量がWindows 7の時に比べて減少、OSのメモリ管理能力が大幅に改善されているのが体感できます。
例を挙げるとFirefox 42.0(アドオン導入済み)がWindows 7環境時で約530MBだったのに対しWindows 10環境時で約250MB程度と大幅にメモリ消費量が減少していました。

UI(ユーザーインターフェース)ですが、Windows 8と比べればまだ取っつきやすい印象を受け、Windows 8を使ったことのある人ならすんなりと移行できるでしょう。ただWindows 7からだと少し戸惑うかもしれません。

それから現状の不満点を挙げるなら

  • Google 日本語入力(サードパーティー製IME)と相性が悪い。
  • スリープ移行時、復帰時にフリーズすることがある。
    ※2015/11/17 追記
    一部の常駐プログラムとWindows 10はまだ相性が良くないようです。
    常駐プログラムを停止させたところ問題なくスリープが機能しました。
  • 一部ソフトが起動できない
    これは、ソフト側の問題。まだまだWindows 10に対応していないソフトは多いようです。

総括

概ね良好な良いOS

PCのスペックが許すならWindows 10へのアップグレードは有りです。
Windows 7やWindows 8がプリインストールされていたPCならWindows 10にしてもまず問題なく動いてくれるでしょう。
Core2Duo世代のPCですら快適なのですから当たり前といえば当たり前ですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Firefox から Flash Player の保護モードを無効にする方法

Firefox 35 以降で Flashg Player の保護モードを Firefox 側から制御できるようになったようです。

  1. about:configを開く。
  2. 検索欄に「dom.ipc.plugins.flash.disable-protected-mode」と入力する。
  3. 「dom.ipc.plugins.flash.disable-protected-mode」を「true」に変更する(初期値:false)。

以上で Firefox での Flash Player の保護モードを無効化することができます。

Firefox で Flashg Player が重くなったりクラッシュしたりすることがありますが、Flash Player の保護モードが原因だったりすることが多いです。
単純な方法として保護モードを無効にすればよいのですが、mss.cfg (Flash Player の設定ファイル)を編集して保護モードを無効にすると Flash Player を使用するすべてのアプリケーションまで保護モードが無効になってしまいあまり安全ではないです。
今回のこの方法を使えば Firefox でのみ Flash Player の保護モードを無効にできるので安全性をある程度確保できますし、「アドオンマネージャ」の「プラグイン」から「Shockwave Flash」を「実行時に確認する」に変更して信頼できるサイトでのみ Flash Player を実行するように気をつければ安全性も確保できます。

■参考

Mozilla Re-Mix: FirefoxでFlash Playerの保護モードを無効化する方法。(Firefox 35以降)
http://mozilla-remix.seesaa.net/article/411200560.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「Dead Space」でゲームパッドがうまく動作しない時の対処法

PC版「Dead Space」でゲームパッドがうまく動作しなかったのでその時行った対処法を記載しておきます。

  • 「マイ ドキュメント\Electronic Arts\Dead Space」に空(何も書いてない)の「joypad.txt」を作成する。

以上。

これで当方はゲームパッドが正常に動作するようになりました。

■おまけ
2014年5月9日まで「Dead Space」が無料だそうです。
英語とグロテスクに耐性がある方はこれを機にプレイしてみてはいかがでしょうか。

□「Dead Space」フルバージョンが期間限定で無料に。EA,ゲーム本編や拡張パックを無料で提供する新プログラム「Originからのプレゼント」を開始 - 4Gamer.net:
http://www.4gamer.net/games/204/G020421/20140328015/

□Originからのプレゼント:
https://www.origin.com/ja-jp/store/on-the-house-ANW.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今更Radeon HD6570を買っちゃいました。

遅くなりましたが、あけましておめでとうございます。

本年もよろしくお願いします。m(_ _)m

で、話はいきなり変わりますが、今更Radeon HD6570を買っちゃいました。

現在使っているPCの電源容量やサイズの制限で搭載できる限界がHD6570だったので以前から欲しかったのですが購入時期を逸して市場に在庫がなく買いそびれてしまいした。

ところがたまたま覗いたネットショップでごく少数だけ在庫があり、しかも結構安かったので速攻でポチってしまいました。

Sapphire HD6570 1G DDR3 PCI-E HDMI / DVI-D / VGA

20140111214314 20140111215234 20140111215503

□エクスペリエンスインデックス

20140111215600

HD6570のエクスペリエンスインデックスですがグラフィックスが 6.7、ゲーム用グラフィックスが 6.7。今まで使っていたHD5450のグラフィックが 3.8、ゲーム用グラフィックスが 5.8 だったので大幅向上。

古めのゲームなら設定次第で問題なく動きそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

PS3 逝く

うちの PlayStation 3 が HDD の故障で逝きました。
友人Y君から新品を貸与されて約1年11ヶ月、総起動時間約720時間でした。

約2ヶ月ぶりに PS3 を起動させたところ HDD から異音が…
ゲームを起動するとフリーズ状態に。

セーフモードから復旧を試みるも「本体のストレージがみつかりません」とのエラーが出てこれ以上はどうしようもない感じで、あとは HDD の交換しか選択肢はなさそうです。
2.5インチHDDって高いんだよなー(;ω;)



| | コメント (0) | トラックバック (0)

ダークソウル、クリア完了!

本日、DARK SOULS PREPARE TO DIE EDITION をクリアいたしました。
\[┳]/<太陽万歳!

DLCを含めてなかなかのボリュームだったので大変楽しめましたが、1週目でお腹いっぱいで周回プレイしたい感じではないですね。
            U
(^-^;)    (T)<貴公・・・

来年発売予定の DARK SOULS 2 を楽しみに待ちつつ、クリア報告でした。m(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ダークソウルやってます。

最近、ダークソウルのPC海外版 DARK SOULS PREPARE TO DIE EDITION をやってます。
英語なのでところどころ理解できてませんが、楽しんでおります。

20131008211026
20131008211141
先日、キャプチャーソフト Bandicam を購入し、そのテストも兼ねて撮影した動画を Youtube にあげてみましたので、興味がございましたらご覧ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ニコニコ生放送が見れない時の対処法

ニコニコ生放送を視聴しようとしたら「混雑しているか、サーバ(ポート ○○)と通信できない可能性があります。」と表示されて試聴できませんでした。
色々と試してみたのですが、Windows 7 の 64bit 環境だと Flash Player を動かすのに FlashPlayerPlugin_*.exe (*はバージョン数)というプログラムを介して動作しているのだが、このプログラムがファイアウォールにブロックされるのが原因らしい。

ファイアウォールの例外プログラムに「C:\Windows\SysWOW64\Macromed\Flash」にある「FlashPlayerPlugin_*.exe」を設定することでニコ生が見れるようになりました。
Flash Player 11.8.800.168 を例にすると「C:\Windows\SysWOW64\Macromed\Flash\FlashPlayerPlugin_11_8_800_168.exe」をファイアーウォールの例外プログラムに設定します。
例外プログラムの登録方法はご使用中のファイアーウォールのヘルプなどをご覧ください。

それにしても何でアドビは EXE の名前にバージョン名なんかつけてんだろ、これじゃバージョン上がるたびにファイアウォールを設定し直さないといけないじゃないか。┐(´д`)┌ヤレヤレ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Windows Media Player 12 で AVI が再生できない時の対処法

Windows 7 の Windows Media Player 12 でスプリッターやコーデックをインストールしても再生できない AVI 形式の動画が見つかったのでその対処法と解説です。

□対処法

  1. Win7DSFilterTweaker をここからダウンロードします。
    URL: http://codecguide.com/windows7_preferred_filter_tweaker.htm
  2. Win7DSFilterTweaker を起動して「Media Foundation」ボタンを押します。
    20130916212600
  3. Media Foundation でデコードさせたくない形式を選びます。
    私の環境は 64bit なので 32bit と 64bit の2つの「AVI」にチェックを入れます。
    32bit 環境の場合は 32bit の「AVI」にチェックを入れます。
    201309161703
  4. 設定が済んだら「Apply & Close」ボタンをクリックして終了です。

□解説
XP までは動画の再生に DirectShow という API を用いていたのですが、Vista からは Media Foundation という新しい API が導入されました。
Vista での Media Foundation の使用は限定的で一部のサードパーティ製のプレイヤーやゲームのみでしたが、7 からは標準で Media Foundation が使用されるようになりました。

動画の形式にはそれぞれ規格がありその規格を順守する形でエンコードされます。
DirectShow では規格の必須項目さえ守っていれば大体は再生可能な動画ができたのですが、Media Foundation は規格のチェックが厳しくなり、フリーエンコーダーなどで変換した動画は、Media Foundation だと再生できないことがあるようです。
(当方では、ffmpegでエンコードしたAVIは全滅でした。)

今回使用した Win7DSFilterTweaker は、Windows 7 及び 8 の標準デコーダーの設定を変更するフリーソフトで、標準デコーダーと ffdshow などのデコーダーの切り替えなどが行えます。
頻繁に使うソフトではありませんがなかなか便利です。

□Win7DSFilterTweaker
http://codecguide.com/windows7_preferred_filter_tweaker.htm

※2013/09/17  一部わかりづらかったところを改変

| | コメント (1) | トラックバック (0)

«Windows 7 Ultimate 64bit版をインストールしての感想